今までも、勤務先に特別養子縁組に対する理解があれば、育児休業は可能で、実際に育児休業を取りながら子育てしている養親はいました。今後は法律が整備されて、養親が仕事と子育てを両立しやすくなることが期待されます。一方で、共働きを認めるかどうかについては、児童相談所から迎える場合、地域によって、あ るいは子どもの事情により考え方が異なります。以前に比べると、保育園の利用を認める児童相談所が増えていると感じますが、そもそも保育園に空きがなければ入園できず、待機児童問題で苦労する場合があります。
民間機関でもそれぞれ考え方が異なります。民間機関の場合は、児童相談所と比べると新生児・乳児の紹介が多く、子どもの誕生に合わせて養育スタンバイできる、子どもの紹介があったらすぐに養育を始められるなど、迅速かつ柔軟な対応を養親に求めることが多いようです。 このような現状ですので、共働きを望む場合は働き方を柔軟に変えることができるか、経済的なことも含めて検討してみる必要があります。またこれは血縁の有無に関係ないことですが、子どもの健康問題などで、仕事を減らしたり、やめざるを得ない事情が出てこないとも限りません。こういった部分のサポートは今後も課題になっていくでしょう。